【改訂版】PSPにBluetooth送信機能を付ける

※2010年2月17日追記:現在のロットはソニーとの相性問題は発生しません。万が一、問題があるロットをつかんだとしてもロジテックのサポートで対応商品に無償交換してもらえます。

PSPにBluetooth送信機能を付ける」と題して2008年11月14日に紹介したロジテックのBluetooth送信機「LBT-AT100C2」ですが、ソニー製のBluetooth機器では使えないことを11月25日にお知らせしました(→「LBT-AT100C2」はソニー製品非対応)。「使えない」というだけの情報では納得いかないので、具体的に使える商品をご紹介しようと思います。その製品はNTTドコモの「ワイヤレスイヤホンセット02」です。今度こそ「5分でオートパワーオフ」にならずに問題なく使えました。

PSPにBluetooth送信機「LBT-AT100C2」を装着して、「ワイヤレスイヤホンセット02」で音声を再生しています。5分以上問題なく使えることを確認しました。

PSPにBluetooth送信機「LBT-AT100C2」を装着して、「ワイヤレスイヤホンセット02」で音声を再生しています。5分以上問題なく使えることを確認しました。

LBT-AT100C2については以前ご紹介した通り…、となると前のページを見ないといけないので、一部をコピー&ペーストしつつ以下の文章を構成しています。

LBT-AT100C2の価格はロジテックの直販で7000円プラス送料と、安くもないけど高くもない製品です。

ロジテックのBluetooth送信機「LBT-AT100C2」。パッケージには用途がそのものズバリ「Bluetooth送信機」と書いてあります。価格はロジテックの直販で7000円+送料でした。

ロジテックのBluetooth送信機「LBT-AT100C2」。パッケージには用途がそのものズバリ「Bluetooth送信機」と書いてあります。価格はロジテックの直販で7000円+送料でした。

「PSPにBluetoothが付いてないんだから外付けでなんとかしてしまえ」ということです。それではこの製品のパッケージを開けて詳しく見ていきましょう。

LBT-AT100C2の前面です。手のひらに乗せるとその小ささが感じられます。本体に備えられたボタンは「PWR」のみ。このボタンだけで電源のオンオフやBluetoothの設定をこなします。

LBT-AT100C2の前面です。手のひらに乗せるとその小ささが感じられます。本体に備えられたボタンは「PWR」のみ。このボタンだけで電源のオンオフやBluetoothの設定をこなします。

LBT-AT100C2の背面です。プラグは収納式で使わないときはコンパクトにすることができます。

LBT-AT100C2の背面です。プラグは収納式で使わないときはコンパクトにすることができます。

LBT-AT100C2のパッケージに含まれるものすべてです。左からLBT-AT100C2本体、USB AC アダプター、延長プラグ、USBケーブルです。

LBT-AT100C2のパッケージに含まれるものすべてです。左からLBT-AT100C2本体、USB AC アダプター、延長プラグ、USBケーブルです。

LBT-AT100C2を使うにはまず充電です。取扱説明書によると付属のUSB ACアダプターで2時間の充電が必要とのこと。ヘタにUSBになっているのでパソコンからも充電できそうですが、取扱説明書には触れられてないので素直にコンセントから充電することにします。充電中はPWRボタンのリングが赤く点滅して、充電が完了すると消灯するとのこと。しかし、取扱説明書に書いてるのですが、「2時間たっても消灯しない場合は電池の寿命を短くするかもいしれないのでコンセントから抜いて」といった旨のことが書いてあります。実際に充電してみたところ、2時間経っても消灯しませんでしたので、自分でコンセントから抜きました。ちょっと気になりますね。

充電をするには付属のUSBケーブル経由でUSB ACアダプターにつなぎます。ヘタにUSB端子を採用している割には、パソコンで充電できるかは取扱説明書で明記されていません。

充電をするには付属のUSBケーブル経由でUSB ACアダプターにつなぎます。ヘタにUSB端子を採用している割には、パソコンで充電できるかは取扱説明書で明記されていません。

充電が完了したらようやくBluetoothヘッドホンなどのBluetooth機器とのペアリング(Bluetooth接続設定)です。携帯電話などだと暗証番号やパスコードの入力が必要ですが、LBT-AT100C2はPWRボタンを8秒間以上長押しし、接続したいBluetooth機器をペアリングモードにすればすぐに使えるようになります。

LBT-AT100C2のPWRボタンを8秒間以上長押しして、青色と赤色の交互の点灯にします。これでペアリングモードです。

LBT-AT100C2のPWRボタンを8秒間以上長押しして、青色と赤色の交互の点灯にします。これでペアリングモードです。

ワイヤレスイヤホンセット02の再生ボタンを3秒以上長押ししてペアリングモードにします。ペアリングモードになるとLEDが青色と赤色の交互の点灯になります。

ワイヤレスイヤホンセット02の再生ボタンを3秒以上長押ししてペアリングモードにします。ペアリングモードになるとLEDが青色と赤色の交互の点灯になります。

あとはLBT-AT100C2をPSPに接続すれば使えます。一度ペアリングをすれば、次回からは電源をオンにするだけでBluetooth機器と自動的に再接続しますので、特に面倒なことはありません。なお、Bluetoothに詳しい方に補足すると、LBT-AT100C2はパスコード「0000」決め打ちでペアリングします。ですが、種類が豊富で魅力的なソニー製を選んではいけません。ソニー製のものはLBT-AT100C2と相性問題、具体的には「5分経つとオートパワーオフ」という問題が起きるためです。

さぁPSPでワイヤレス生活を始めたくなった方! Amazon.co.jpでLogitec Bluetooth2.1オーディオトランスミッター「LBT-AT100C2」を購入してみてはいかがですか

そのLBT-AT100C2で問題なく使えるBluetooth機器としては、上で紹介したNTTドコモのワイヤレスイヤホンセット02をおススメします。充電にはFOMA用かソフトバンク3G用のACアダプターが必要ですが、それらの携帯電話をお持ちの方であれば問題なく使用できます。もし持ってなくても市販のFOMA用ACアダプターを用意すればOKです。

ワイヤレスイヤホンセット02は基本的にドコモショップでのみの販売です。価格は6825円。ドコモユーザーでなくてももちろんドコモショップで買えますが、「ドコモショップに行くのはは面倒」「ドコモユーザーじゃないのにドコモショップは行きづらい」のであれば、楽天市場でワイヤレスイヤホンセット02を購入することができます

Bluetoothに詳しい方は「HSPやHFPはBluetooth携帯、A2DPはLBT-AT100C2に接続」ということをやってみようという人がいるかもしれません。P-01Aで試してみたところ、残念ながらワイヤレスイヤホンセットは複数の機器に同時接続ができない仕様のようです。PSPでLBT-AT100C2とワイヤレスイヤホンセット02という組み合わせで使いたい方は、ワイヤレスイヤホンセット02がPSP専用になることを心に留めておいてください。

ふぅ、このページを書くために一度売り払ったワイヤレスイヤホンセット02をもう一度買いなおしてしまいましたよ……。ワイヤレスイヤホンセット02自体の詳細レビューについては、P-01Aとの組み合わせで日を改めてご紹介しようと考えています。

ビックカメラ.com

前後の投稿

タグ: , , , ,

コメント / トラックバック 7 件

  1. 高橋 より:

    いろいろなレビュー、興味深く拝見しております。どうもありがとうございます。
    「ワイヤレスイヤホンセット02は複数の機器に同時接続ができない仕様のようです」とお書きになっています。
    私は02は持っていませんが、ワイヤレスイヤホンセットP01でiPodとSH906iに同時接続しています。
    着信があるとSH906iに切り替わり、終話でiPodに戻ってきますので、同じパナソニックの02であれば同時接続は可能だろうと思います。

  2. 高橋 より:

    すみません。
    02を購入してみましたが、確かに複数接続は出来ませんね。
    いい加減なコメントをして申し訳ございません。
    購入店にお願いして、02をLogitecのLBT-AR200C2に交換してもらいました。
    このLogitecの製品は複数接続OKなのですが、何よりびっくりしたのは性能の良さです。鉄筋の2部屋ほど離れた所に行っても全然途切れずに音楽を再生しました。
    今までいろいろBluetoothレシーバーを購入してきましたが、歩いていて腕を振って送信機と受信機の間をさえぎっただけで音が途切れるような製品も経験してBluetoothの性能に失望していましたが、このLogitecの製品を経験してBluetoothに対する評価が変わりました。

  3. おっぱっぴー より:

    お聞きしたいのですが、PSP GOについにBluetooth機能が加わると発表されましたが、具体的にはこのLBT-AT100C2のような送信機能を果たしてくれると思いますか?
    そしてLBT同様、このヘッドセットはLBTまたは、PSP GOで問題なく併用できるでしょうか?http://www.amazon.co.jp/dp/B000Y5F178/ (★←URLを短く修正しました。サイト管理者★)

    なんかURL長くなってしまって申し訳ないです。

    下手な質問ですいません。なにぶんBluetoothはPS3のボイチャくらいしかやったことないもので・・・

    今もっている機器で、ipod claccic30GB、PSP3000で使ってみようと思っています。そしてPSPGOの発表が出たので、すぐにBluetoothのイヤホンの検索をしてみたのですが、どれを選んでいいかわからず、試してみるのが怖くて手が出せずにいます。

    どうか色々ご教授お願いします。返信待っています。

  4. keyman より:

    おっぱっぴーさん

    おそらくPSP goはLBT-AT100C2と同等、もしくはそれ以上の使い方ができると思います。(具体的にはSkype通話のヘッドセットとして使えるかも?)

    次に「LBT-HP110C2が使えるか」という問題ですが、99%の確率で使えると思います。LBT-AT100C2のソニー相性問題がBluetoothの世界で珍しい出来事で、基本的にBluetoothを名乗っていればまず使えます。

    なお、忙しくてページを作ってないのですが、現行のLBT-AT100C2はソニーとの相性問題が解消しています。もし相性問題のあるLBT-AT100C2を持っている場合、ロジテックのサポートに連絡すると対策済みの製品と交換してくれます。

    ということでBluetoothイヤホンのオススメなのですが、やっぱりソニー製品です。

    このサイトではソニーのBluetoothヘッドホン・イヤホンについてレビューしてますので、そちらをご参考になさってください。

  5. おっぱっぴー より:

    お早い返答ありがとうございます^^とりあえず管理人さんの言ったとおりにLBTとソニーのイヤホンを買ってみたいと思います。
    本当に色々教えていただいて感謝してます!ありがとうございました。

  6. よっしー より:

    PSPをワイヤレス化したくて情報を探していたら、貴殿のサイトに辿りつきました^^

    画像もあって大変参考になりました!

    一つお聞きしたいのですが、「LBT-HP110C2」は音量がだいぶ小さいと噂があったのですが…体感でどうでしょうか?

    地下鉄で使ったりするもので、あまり音量が小さいのはちょっと困るのです><

  7. keyman より:

    LBT-HP110C2は持ってないのでわかりません。。。

コメントをどうぞ