自作の商品撮影(物撮り)セットを作る

商品撮影(物撮り)セットが欲しいという文章を以前書きましたが、デジカメそのものの腕前がイマイチなので購入に踏み切れてません。代わりと言っては何ですが、せめて背景ぐらいきれいにしたいので大きな用紙を買ってきました。B1判(728×1030mm)のケント紙で、価格は304円。文房具屋の店員さん曰く、けっこう高めの紙だそうです。

文房具屋で買ってきたケント紙。模造紙とか画用紙とかいろいろ見比べたのですが、適度な強度と光沢があることからケント紙になりました。

文房具屋で買ってきたケント紙。模造紙とか画用紙とかいろいろ見比べたのですが、適度な強度と光沢があることからケント紙になりました。

買ってきたのは週末だったのですが、今日初めて撮影に使ってみました。ダイニングテーブルを台にして、背の部分は食器棚に貼り付けて、照明として電気スタンドを用意して……。はい、こんな感じです。

自前の商品撮影(物撮り)セットの完成です。ううむ、背景がきれいになっているだけでなんだかイイ写真が撮れそうな気がします。

自前の商品撮影(物撮り)セットの完成です。ううむ、背景がきれいになっているだけでなんだかイイ写真が撮れそうな気がします。

果たして自前の商品撮影(物撮り)セットは、写真の品質向上につながるのか!? 以前撮った写真と今日撮った写真を順に見比べてみます。まず、以前撮った写真。

以前撮影したワイヤレスイヤホンセット02の箱です。背景はA4判コピー用紙をむりやり敷いて、用紙外が写らないようにやっつけでズームしています。なにやらピンボケ。

以前撮影したワイヤレスイヤホンセット02の箱です。背景はA4判コピー用紙をむりやり敷いて、用紙外が写らないようにやっつけでズームしています。なにやらピンボケ。

それに対して自前の商品撮影(物撮り)セットによる写真が次のものです。

自前の商品撮影(物撮り)セットによる写真です。心なしかはっきり撮影でできている気がします。

自前の商品撮影(物撮り)セットによる写真です。心なしかはっきり撮影でできている気がします。

やはり自前な商品撮影(物撮り)セットを使うだけで、少なくとも写真の構図の自由度が上がります。自画自賛するのはこっけいではありますが、やはり見た目がよくなった気がします。気を良くして写真を何枚か撮ってみました。

かなり引きの写真ですが、問題なく撮れました。いい感じです。

かなり引きの写真ですが、問題なく撮れました。まぁよく見ると構図に難ありですが……。

しかし、微妙な距離で小さいものを撮影するとピントがやはり合いません。うーん、一眼レフデジカメじゃないとやっぱダメなのかなぁ。

うーーーーーーーーーーん……。マクロモードにしても通常モードにしてもピンボケしてしまうぅぅぅ。

うーーーーーーーーーーん……。マクロモードにしても通常モードにしてもピンボケしてしまうぅぅぅ。

はぁ、この文章をここまで読んだ方で写真に詳しい方! 小さなものをピンボケさせずに撮るコツを教えてくださいっ。とかいいつつ、一眼レフデジカメの物欲がもぞもぞと騒ぎ出しているイヤな予感が……。

ビックカメラ.com

前後の投稿

タグ: ,

コメント / トラックバック 3 件

  1. おっくん より:

    ピンボケ?手ぶれ?
    撮影のときに、三脚を使われていないのでしたらピンボケじゃなくて手ぶれの可能性もありますが・・・
    拡大写真は手ぶれ補正機能があっても、補正しきれないことが多いようです。
    過去記事を拝見すると、使われているカメラはPowerShot A570 ISでしょうか?
    この手のカメラのマニュアルフォーカスは拡大倍率が低いのと、液晶がしょぼい(画素数が少ない)ので、マニュアルフォーカスであわせるよりも、カメラ任せのオートフォーカスのほうが良いこともあります。
    あと、ピントが合わないときは、対象物の上に適当な大きさに切った方眼紙(5mm刻みぐらいがいいかな。あまり細かいとオートフォーカスが悩みますので)とか、新聞紙を置いて、それにピントを合わせてから紙をどければよいと思います。

    ただし、この場合は、三脚がどうしても必要になります。というか、マクロ撮影とか、物撮りには三脚だけはどうしても必要ですから。

    それと、もう一つ。背景が白くて、被写体が白いので、どうしても露出アンダーになっていると思います。プラス1段から1.5段ぐらいの露出補正をすると、もう少し明るく、コントラストが高く写せると思います。
    露出補正については、手前味噌のブログで申し訳ないのですが、

    http://delightauctions.blog95.fc2.com/blog-entry-34.html

    を参照していただけると、参考になると思います。

  2. keyman より:

    アドバイスありがとうございますっ!
    露出補正とかそういったマニュアル設定は敷居が高くてまったくしてなかったのですが、ご紹介いただいたブログでしっかり勉強しようと思います。

  3. おっくん より:

    どういたしまして。(^^)

    物撮りは、こだわりだすとキリが無いけど、ちょっとの工夫で見た目ががらりと変わるので、ある意味人物とか風景を撮影するよりも面白いと思います。

    また何か分からないことがあれば、何なりとお聞きください。

コメントをどうぞ