エスティマハイブリッドを注文

このたび、ウチの車を買い替えることになりました。車種は「エスティマハイブリッド」。エコだからとか燃費が良いからとかではなく、ハイブリッドシステムに対する興味だけで購入を決めました。はっきり言ってワタシにとってクルマというよりデジモノなのです。今回はそのエスティマハイブリッドの購入を契約するまでのストーリーをご紹介しようかと思います。

今回購入を決めたエスティマハイブリッドは「G 7人乗り」。色はこの「ライトブルーマイカメタリック」にしました。色はリセールバリューを無視して、今乗っている車と似た色にした次第です。

今回購入を決めたエスティマハイブリッドは「G 7人乗り」。色はこの「ライトブルーマイカメタリック」にしました。色はリセールバリューを無視して、今乗っている車と似た色にした次第です。

実は、今もエスティマハイブリッド(平成15年式のマイナーチェンジ後)に乗ってるんです。大きな不満はないのですが、新しいモノ好きとしては燃費やパワーが向上した最新版のハイブリッドシステムが非常に気になっていたり……。また、クルマの保証は「5年または10万キロ」なので、これからトラブルが起きるとコストが大きく発生しそう、というのも背中を後押ししました。

そのそもなぜプリウスやインサイトではないのか? それはあまりにもメジャーすぎることと、最大5人しか乗れないのがネックになってます。エスティマハイブリッドなら、一見普通のエスティマに見えつつも乗っている人が少ないので「自分だけの車」という満足感が満たせます。最大7人(または8人)の定員やラケッジの空間の広さはやはりミニバンとしての魅力が勝ります。

まずはカタログをディーラーでゲット。またベースグレード「X」ではオプションをかなり付けないと希望する仕様にならないのでバツ。そうなると、「G」なのか「G レザーパッケージ」なのですが、違いは「レザーシート」「パワーバックドア」「電動収納サードシート」の有無なので、どれも不要と感じたワタシは「G」で検討することに早速決定。人によっては社外品でコストを抑えられる「X」に魅力を感じる人も多いのでしょうが、メーカー純正が気持よいワタシにとっては「G」がぴったりだったのです。「G」と決めてから価格をチェック。カタログに挟まっていた価格表によると、7人乗りの「G」の本体価格は474万円。うーむ高いです。

そして価格交渉の方針を決めます。今乗っている車で非常にお世話になっているディーラーのみの交渉で、相見積はしない。また、予算をオーバーした場合は購入を諦める(ローンは論外なのです)。

翌日夜にディーラーへ行き、懇意にしている営業マンと初交渉。付けておいたら嬉しいメーカーオプションとディーラーオプションをてんこ盛りにして、下取り車もとりあえずの価格で見積もってもらいました。下取りを含めても400万円弱。大幅に予算オーバーです。 営業マンには「見積もりはこちらだけ」「予算と折り合わなければ購入しない」と明言した上で帰宅しました。

さらに翌日。営業マンから電話がかかってきました。下取り車の正確な査定額が140万円と、元の約2倍ほどに。「値引きもがんばります」とおっしゃるじゃありませんか。さっそくディーラーに行き、2度目の交渉。オプションを外していき、それをベースに見積書を出してもらうことに。約350万円と相成りました。見積書ベースでの値引きは約42万円。この値引き額にはビックリ。営業マンも「この数字自体、上司と相談しないと出せないのですが、なんとか通してもらうようにします」と限界に挑戦してくれている感触でした。少しだけ予算オーバーだったのですが、これなら買えないことはない金額です。営業マンには「明日、基本的に契約する方針で進めさせてください」と言い残して帰宅。

最終交渉日。事前に営業マンに電話してみると、「値引き額の42万は無理でした、ですが下取りを10万円上乗せしています」とのこと。これはもう買うしか、という状態です。ディーラーに行って渡されたのが、下の「商談メモ」(なんでも見積書の用紙が切れてしまったとのこと)。

これが最終の商談メモ(見積書)。値引き額は約37万、6年弱乗ったクルマの下取り額はなんと150万円。支払い額は約346万となりました。

これが最終の商談メモ(見積書)。値引き額は約37万、6年弱乗ったクルマの下取り額はなんと150万円。支払い額は約346万となりました。

正直、300万円台前半に下がるとは思ってませんでした。これならなんとか支払えます。ちなみに上の画像を見ればわかりますが、つけたオプションは以下の通りです。

  • G-BOOK mX Pro専用DCM
  • ETCユニット
  • 後席TV付き11スピーカー
  • ガードコスメ ←ワックスがいらないコーディング
  • フロアマット ラクジュアリータイプ
  • サイドバイザー
  • VICSビーコンユニット
  • デッキボード
  • ハイブリッドロゴステッカー

この中で無駄っぽいオプションは「G-BOOK mX Pro専用DCM」でしょうか。6万6150円もします。ただ、自動的に地図データが更新される「マップオンデマンド」を利用してみたかったので……。あと「サイドバイザー」とかも? これはなんとなく今のクルマにも付いているのであったほうがいいのかなぁ、と思ったので。

ということで納車は8月中旬。本当は1カ月半で出来上がるみたいなんですけど、支払いの原資になる定期預金の満期が8月中旬なので、納車をその時期に設定しています。納車されましたら、ハイブリッドシステムやナビのレビューをお届けしたいと思います。

ビックカメラ.com

前後の投稿

タグ: , ,

コメント / トラックバック 2 件

  1. ひらぴ より:

    上記のお見積書はすごく参考になりました。
    安い’’私は、だいたいGクラスで、550マンくらいです。
    オプションにグラスシーラントはつけてもらいましたが。
    まだ、間に合うのであれば、つけてもらったほうが良いですよ。

  2. keyman より:

    グラスシーラントというのは、コーティングのことですよね。ガードコスメというのをつけてますよ!

コメントをどうぞ