ThinkPadオプションの256GB SSD(43N3417)は東芝製だった

勢いだけでThinkPad純正のSSD「ThinkPad 256GB FDE 暗号化・ソリッド・ステート・ドライブ」(43N3417)を買ってしまいました。前々からSSDに興味があったのですが、容量が64GBだったり128GBだったりとワタシの環境では容量が圧倒的に小さかったのです。ところが気がつくとレノボが256GBのSSDをオプションとして販売しているではありませんか。価格は事情があってここに書けないのですけど、かなりお買い得感があったというのもあります。ということで届いた43N3417をじっくり紹介したいと思います。

43N3417の箱

写真を撮り忘れてしまいましたが、SSDだというのに箱の中にはクッションが……。なぜにそんな慎重な梱包になっているのやら。

43N3417の内容物

箱に入っている内容物です。レノボですのでいまいち役に立たない取扱説明書類です。

43N3417のSSD(マウンター付き)

ちょっとピンボケしていて恐縮なのですが、SSD本体。1.8インチのSSDに2.5インチのマウンターが装着されています。

43N3417のマウンターを外したところ

マウンターを外したところ。このマウンター、結構よくできていてクッションの機能も備えつつ、1.8インチドライブの着脱がやりやすくなってます。

43N3417のSSD単体

SSDのアップです。一番下のロゴを見るとわかるように、東芝製。ただ、ロットによってはサムスンの場合があるという情報もあります。ワタシは韓国製が好きではないので、東芝が当たって非常に嬉しかったり。

ということでサポート対象機種ではない、ThinkPad Z61tに装着してみました。装着後、既存のHDDに入っている内容を「LB コピーワークス11」を使ってSSDにコピー。なぜにLBコピーワークス11を使ったかというと、Windows 7に対応しているHDD/SDDコピーツールはこれしかなかったから。ただ、コピーのときにちょっとハマりました。このSSD、パラレルATA変換やUSB変換をした場合に認識しないんです。箱に入っていたペラ紙に「ThinkPad Serial ATA Hard Drive Bay AdapterおよびThinkPad Serial Hard Drive Bay Adapter IIは、ThinkPad Solid State Driveとともに使用することはできません。」と明記されています。ですので、SSDを内蔵させ、既存のHDDをUSB変換でつないでLBコピーワークス11でコピーしました。おおよそ130GBの容量で3時間ほどコピーに時間がかかりました。

ここまで読んだ方なら、「は、早くベンチのデータを見せて!」というところでしょう。まずWindows 7の起動ですが、28秒。これまで使っていた7200rpmのHDDが37秒だったので、10秒弱程度起動が速くなっています。そしてお約束のCrystalDiskMarkのベンチデータは以下の通りです。

CrystalDiskMarkのベンチデータ

正直これまでベンチをほとんど取ったことがないので、この数値がどの程度よいのかわかりません。ただ、7200rpmのHDDでとったベンチと比較してみたところ、シーケンシャルで2倍、ランダム512KBで6倍、ランダム4KBでなんと20~50倍の差がありました。

2010年6月6日、以下を追記。

image

ThinkPad T410sでベンチマークをとったところ上のような結果になりました。やはりZ61tは遅かったようです。追記ここまで。

ベンチでここまで差があると、さすがにちょっとは速さが体感できるというもの。PhotoShopもシャキっと起動し、意外なところではInternet Explorerがページをキビキビ表示します。プラシーボ効果なのかもしれませんが、明らかに満足感がああります。

SSDの購入を検討している人なら気になるのがドライブが持つ機能。こちらもCrystalDiskInfoで調べてみました。

CrystalDiskInfoのドライブ情報

NCQとTRIMに対応しておりません。特にSSDですと、Trimに対応しているとなんか嬉しいものなのですが、一説によると特にメリットはないらしいので、ワタシは気にしていません。ええ、気にしてません!(←実は気にしてる……)

ということであまり数が出回ってない256GBという容量のSSDですが、レノボの43N3417は入手のしやすさと製品の使いまわしの良さ(とはいっても1.8インチドライブを採用するThinkPad T400sやX301で使える、というだけですが)でお薦めかと。

ビックカメラ.com

前後の投稿

タグ: ,

コメントをどうぞ