商品撮影(物撮り)用キットとカメラ

ながらく更新していないこのサイトですが、記事をアップしていないだけで買い物は相変わらず続けています。そして近々到着予定なのが、ThiinkPad T410s。それについては届いてから詳細なレビューをお届けする予定ですけれども、ThinkPad T410sをレビューするにあたって商品撮影(物撮り)環境をパワーアップすることにしました。というか、相変わらず物欲が抑えられず買っただけなのですが。

商品撮影(物撮り)環境として買ったのは、「背景紙ホルダー」(背景紙スタンド)と「撮影用ライト」、そして「デジタル一眼レフ」です。単に物撮り環境を強化するという目的なのに、そうですデジタル一眼レフが一番高い買い物かと。ということで買ったものを順にご紹介していきます。

まずは背景紙ホルダー(背景紙スタンド)です。これまで背景紙は壁にガムテープで固定したりと、撮影場所が壁際に限定されるなど、大変不便でした。それを何とかしようと思って探したところ、楽天市場のショップ、プラタで「撮影用背景ミニスタンド」を発見、即購入。価格は1800円とリーズナブルです。

撮影用背景ミニスタンド

逆L字型になっていて、上部で横になっている棒の2カ所にクリップがあります。大きさは高さが46~68cmと可変で、幅は47cmと比較的コンパクト。以前から使っている背景紙、B1判(728×1030mm)のケント紙をセットするのにちょうどよい大きさです。

撮影用背景ミニスタンドに背景紙をセット

背景紙ホルダー(背景紙スタンド)は293gと軽いのですが、とりあえずB1判のケント紙程度なら倒れず、きちんとホールドできます。1800円とそれほど高くないのにいい買い物をしたものだと自画自賛です。

いくら背景が設置しやすくなったといっても、ちゃんとした撮影用ライトがないといけません。しかしこの撮影用ライト、それなりのものを探すと本格的すぎて数万円オーダーになってしまいます。素人だというのにそんな商品に手を出すのはさすがに気がひけます。

そこでいろいろ探して見つけたのがコクヨS&Tの「デジカメライト<キレイに撮り隊> 100Wツイン DG-L3」。価格も1万円ちょっとと手を出しやすい感じです。「安物買いの……」というコトバが頭をよぎりましたが、ヤフーオークションで出品しているものを発見、5250円で落札。元箱や取扱説明書がありませんでしたが、元値の半額ぐらいで買えたので失敗の買いものでもそれほど凹まずに済みそうかと。

デジカメライト<キレイに撮り隊> 100Wツイン DG-L3

これライトが2つあってお得感が高かったのですが、いざ撮影してみてわかったことは、「左右にライトを設置する必要がある」ということ。1カ所に2つあるのが悪いというわけではないのですが、結局ライトはもう1つ必要だったという事実は動かせません。

IMG_0110

結局このようにスタンドをもう1つの照明として左右から照らすようにすることにしました。ただ蛍光灯の色温度が違うのが気になる……。ということで、この記事を読んで撮影用ライトを買う方は、「コクヨS&T デジカメライト<キレイに撮り隊> DG-L1」を2セット買うのをお薦めします。こちらを2セット購入する方が安上がりですしね。

そして最後が一眼レフデジカメ。キヤノンの「EOS Kiss X4 ダブルズームキット」を購入しました。カード決済としては安く買えるAmazon.co.jpで購入するのを検討していたのですが、いかんせんThinkPad T410sの購入で資金不足。最後の切り札として、ボーナス払いができるという理由で近所の電気屋コジマで購入。値切りに値切って10万4000円+コジマのネット通販で1万2000円分購入できるクーポン付きで手を打ちました。コジマのネット通販は割高なので、8000円ぐらいの価値という印象なのですが、まぁ実質10万円切りで買え、しかもボーナス払いにあと伸ばしにできたのでよかったかと。

IMG_2637

商品撮影(物撮り)用カメラとして買ったのですが、当たり前ですがそれ自身は撮影できないわけで……。

ということで早く届いて欲しい、ThinkPad T410s。

ビックカメラ.com

前後の投稿

タグ: , , , , ,

コメントをどうぞ