ThinkPadのWWANで定額データプランとb-mobileSIM U300

ひとつ前の記事でThinkPad T410sにWWANモジュール「ThinkPad GOBI 2000 Broadband Option」(78Y1399)を装着して、手持ちのNTTドコモのSIMカードで「お試し通信」をする方法をご紹介しました。しかし、本格的に運用するのであればきちんとデータ専用プランを契約して使いたいですね。そこで選びたいのがNTTドコモの定額データ通信プラン「定額データプラン」や、NTTドコモの回線を借りて提供している日本通信の「b-mobileSIM U300」です。

定額データプランに詳しい人ならば、「海外製のSIMフリー端末で定額データプランは使えないだろう」というツッコミがはいるかもしれません。実は私も4月に定額データプランをThinkPad T410sのWWANで試したのですが、通信できませんでした。しかし、音声契約のSIMカードや、「データプランM」などといった従量プランでは通信できました。確かに、定額データプランだけ明確に制限が設けられていたのです。ネット上で言われているのは、端末識別番号「IMEI」でNTTドコモは定額データプランを、NTTドコモの預かり知らぬSIMフリー端末を制限しているだろう、ということ。

しかし、iPadの登場が関係しているのか、ツイッターなどネット上の情報を信用すれば5月からSIMフリー端末でも定額データプランが使用できるようになったといいます。そうなれば私も試さずにはいられませんでした。結論を先に言うと、6月時点で定額データプランが、ThinkPad T410sのWWANなどSIMフリー端末で使えることが確認できました。

ということで、定額データプランを使う設定をご紹介します。ひとつ前の記事で設定方法を詳細に説明してますので、ここではAPN(アクセス・ポイント名)の設定画面だけを示します。

HSDPA ネットワーク設定

とはいっても、ひとつ前の記事で「mopera.net」としていたところを「mopera.flat.foma.ne.jp」にするだけです。同じくほかの欄は空欄でかまいません。

ついでといってはなんですが、定額データプランの実行速度がどんなもんか計測してみました(パケット代がもったいないですが……)。ただ、計測サイトによって値がてんでバラバラ。まずは、SPEEDTEST.NET。

下りが350kbps程度しか出てないので非常に遅い印象です。続いてBNRスピードテスト。

—— BNRスピードテスト (ダウンロード速度) ——
測定サイト: http://www.musen-lan.com/speed/ Ver3.5001
測定日時: 2010/06/05 16:21:21
回線/ISP/地域:
————————————————–
1.NTTPC(WebARENA)1: 634.169kbps(0.634Mbps) 79.2kB/sec
2.NTTPC(WebARENA)2: 638.507kbps(0.638Mbps) 78.99kB/sec
推定転送速度: 638.507kbps(0.638Mbps) 78.99kB/sec

SPEEDTEST.NETの倍ぐらいの速度は出ている値です。そして、BB.exciteスピードテスト(IPアドレスの情報は割愛)。

測定サイト http://speedtest.excite.co.jp/ v2.03
測定時刻 2010/06/05 16:58:40
プロバイダ/回線/地域 mopera/FOMAハイスピード/神奈川県
推定最大ダウンロード速度 2.74Mbps(350kB/s)
推定最大アップロード速度 0.54Mbps(69kB/s)
測定品質 OK/Windows 7

この値を信用するなら、ボチボチ速度が出ている感じでしょうか。でも、定額データプランは「7.2Mbps!」などと言っている割には出てないので、なんとなくコストパフォーマンスが悪い気がしてしまいます。

参考までに従量制での通信速度も計測しましたので、掲載しておきますね。これに関しては本当にパケット代がもったいなかったので、BB.exciteスピードテストで1回しか計測してません。

測定サイト http://speedtest.excite.co.jp/ v2.03
測定時刻 2010/06/05 16:54:43
プロバイダ/回線/地域 mopera/FOMAハイスピード/神奈川県
推定最大ダウンロード速度 4.33Mbps(554kB/s)
推定最大アップロード速度 0.4Mbps(51kB/s)
測定品質 OK/Windows 7

定額データプランは上位回線が混雑しているのか、従量制データプランのほうが速度が速いようです。

ということで続いて日本通信の「b-mobileSIM U300」についてです。ご存じない方に説明しますと、1カ月、6カ月、12カ月の3種類の期間で料金を前払いする、「NTTドコモの端末および、SIMフリー端末用」のSIMカードです。通信速度が300kbpsに制限されるものの、1カ月版で2980円、6カ月版と12カ月版は月額換算で約2500円と安い定額データ通信が可能です。しかも実体としてはNTTドコモの回線なので、カバーエリアが広いことも魅力です。

b-mobileSIM U300の設定画面です。

image

定額データプランとは異なり、APN以外に「ユーザー名」と「パスワード」の設定が必要です。パスワードは上の画面で隠れてますが、「bmobile」になります。

b-mobileSIM U300のスピードテスト結果も以下に載せておきます。

測定サイト http://speedtest.excite.co.jp/ v2.03
測定時刻 2010/06/05 17:17:15
プロバイダ/回線/地域 bモバイル/bモバイル3G/神奈川県
推定最大ダウンロード速度 0.13Mbps(16kB/s)
推定最大アップロード速度 0.13Mbps(16kB/s)
測定品質 OK/Windows 7

さすがに遅いですが、ウェブ閲覧やツイッターであれば我慢できる速度というのが体感した印象です。ちなみに、radikoといったネットラジオやYouTubeなどの動画は基本的にダメです。「抑えの回線」としては合格ですが、「主力回線」としては力不足かと。

ワタシの場合、ThinkPad T410sにWiMAXを載せているので、「通常はWiMAX、WiMAX圏外のときにWWAN」という使い方をしたかったりします。定額データプラン(定額データプラン スタンダード)だと、「定額データ スタンダード割」で2年拘束を受けたうえで、最大月額5985円(+mopera U 定額HIGH-SPEEDの525円)。使わない月は1000円とはいえ、ちょっと使うとすぐ最大額に行ってしまうだろうし、なにしろ2年拘束なのが気分的にイマイチです。そういう意味ではニコニコ前払いのb-mobile SIM U300は精神衛生上よろしい感じもしています。

ちなみにb-mobileSIM U300は6カ月版が一番コストパフォーマンスがよかったりします。具体的には12カ月版より年間換算で5日分多いのです。ワタシは現在、テストを兼ねてb-mobileSIM U300を使っているので1カ月版を利用していますが、1カ月が過ぎたら6カ月版を購入しようと思っています。なお、買うのであれば日本通信のサイトではなく、Amazon.co.jpなどのネット通販がおススメ。割引販売しているからです。

ビックカメラ.com

前後の投稿

タグ: , , ,

コメント / トラックバック 2 件

  1. 江島 英揮 より:

    初めまして。江島と申します。thinkpad X200 tabletを使用しているのですが、最近外に持ち出して使用したいと考えるようになりX200tablet用のWWANカードを海外から購入しようと考えています。
    それらしきカードを販売しているサイトを発見したのですが、X200tabletでどちらのカードを購入していいのかわからないのです。

    1.http://www.usa-battery.com/thinkpad-43y6537-lenovoibm-f3507g-3gwcdmahspa-wwan-p-8405.html

    2.http://www.usa-battery.com/ericsson-f3507g-fru-43y6537-43y6513-3g-hsdpa-wwan-72m-gps-p-8427.html

    1.と2.のどちらのカードを購入すればいいのでしょうか?

    docomoもしくはb-mobileの利用を考えているのですが、利用に際しての注意点なども併せてご教示いただけないでしょうか?

  2. keyman より:

    コメント承認が遅くなり申し訳ありません。

    写真を見る分には1.の方のように思えますが、FRU的には2.の「43Y6513」が正解です。なにぶんワタシのT410sのとは異なるので明確にはお答えできません。

    導入にあたっての注意点は、X200 TabletにWWANのアンテナと配線があるかを確認することぐらいかと思います。

    お役にたてず申し訳ありません。

コメントをどうぞ