ThinkPad ビジネス・バックパック(43R2482)

ここ数年使っていたレノボ純正バックパック「ThinkPadキャリング・ケース バックパック」(73P3599)のチャックが壊れてしまいました。そこでオーダーしたのが最新モデルのバックパック「ThinkPad ビジネス・バックパック」(43R2482)です。納期3週間のところ、きっちり3週間かかって届きました。

ThinkPad ビジネス・バックパック(43R2482)前面全景 

この「ThinkPad ビジネス・バックパック」(43R2482)ですが、前バージョンである「ThinkPadキャリング・ケース バックパック」(73P3599)をいろいろと改良した作りになってました。もともと「ThinkPadキャリング・ケース バックパック」(73P3599)は、モバイルコンピューティングする人向けにこれでもかという収納が用意されていたのですが、新たな「ThinkPad ビジネス・バックパック」(43R2482)はそれ以上に計算された収納が追加されました。ということで全収納個所を一気に写真でご紹介します。ThinkPad ビジネス・バックパック(43R2482)一番手前のポケット

一番手前のポケットは浅め。前バージョンのバックパックとほぼ同じ設計です。

ThinkPad ビジネス・バックパック(43R2482)スライド式カード収納引き出し前

ThinkPad ビジネス・バックパック(43R2482)スライド式カード収納引き出し後

引き出すとカードホルダーが出てくるこの部分はこの製品で追加されたギミック。さすがに銀行のカードとかを入れるとすられやすいので、ここに入れるべきは名刺入れというところでしょう。

ThinkPad ビジネス・バックパック(43R2482)携帯電話収納ポケットなど

一段奥を開くとこんな感じ。携帯電話ポケットなど、細かなアイテムがきれいに収納できるようになっています。

ThinkPad ビジネス・バックパック(43R2482) 雑誌・書類収納

さらに一段奥を開くと、書類や雑誌などが収納しやすいようになっている部分が現れます。手前、中央、奥と3つに分類して収納できるという、「ThinkPad ビジネス・バックパック」(43R2482)で新たに増えた収納個所だったりします。

ThinkPad ビジネス・バックパック(43R2482) ThinkPad収納部分

ThinkPad本体を収納する部分は一番背中側にあります。収納部はしっかりとしたクッションになっており、ThinkPad本体を保護します。製品紹介ページによると、15.4インチワイドモデルのThinkPadまでが収納できるとのこと。とりあえず14インチワイドなThinkPad T410sを入れてみましたが、かなり空間が開くほど余裕があります。15.4インチワイドモデルだとピッタリなんでしょうね。

ThinkPad ビジネス・バックパック(43R2482) ポーチ

そしてThinkPad収納スペースなどに入れるポーチが付いています。これは前バージョンに比べると容量が大きくなりつつも、幅がコンパクトになりました。ACアダプターやLANケーブルを収納するのにピッタリかと思います。

ThinkPad ビジネス・バックパック(43R2482) 背面

背面の下部にも収納スペースが。これは前バージョンと同じ設計ですが、仕切りがなくなりシンプルになりました。

ThinkPad ビジネス・バックパック(43R2482) 右サイド

背負った時に右サイドに来る部分には小さな収納が。前バージョンでは左右共通でペットボトルホルダーだったのですが、新バージョンでは左右非対称。小さすぎるので何を収納していいのがちょっと悩ましいです。

ThinkPad ビジネス・バックパック(43R2482)  左サイド

左サイドはペットボトルホルダー。チャックでホールドできるペットボトルのサイズを調整できるようになってます。前バージョンではそのような調整ができないので、収納したペットボトルが外れてしまうことがあるという問題がありましたが、新バージョンではペットボテル収納後にチャックをしめることで、きっちり固定できるようになりました。

ということで全部の収納を見てきたのですが、最後にオマケでこのバックパックに施された「Lenovo ThinkPad」な装飾をご覧ください。

ThinkPad ビジネス・バックパック(43R2482) THinkPadロゴThinkPad ビジネス・バックパック(43R2482) トラックポイント風チャック ThinkPad ビジネス・バックパック(43R2482) Lenovoロゴ ThinkPad ビジネス・バックパック(43R2482) ThinkPadロゴ

あ、前バージョンから省かれたものが1個だけあります。それはワタシも一度も使ったことのない、「青色LEDライト」。とはいえ暗いときに便利なような気もするので、前バージョンから新バージョンに付け替えようかと思います。

ということでご紹介したThinkPad ビジネス・バックパック(43R2482)。数日使った印象としては、「ビジネスに必要なものをきっちり収納でき、サッと取り出せる」という機能的なバックパックに仕上がっていると思います。

そもそもワタシがバックパックをなぜ選ぶかというと、背負った方が肩の負担が少なくて済むからです。もうワタシは10年ほどバックパックでThinkPadを持ち運んでますが、重くてめげるということはありませんでした。ThinkPad好きで(というかビジネスで、か)常にThinkPadを持ち運ぶ人には、ThinkPad ビジネス・バックパック(43R2482)をオススメしたいです。それだけよく考えられたバックパックだからです。

ビックカメラ.com

前後の投稿

タグ: , , ,

コメントをどうぞ