REGZA Phone T-01Cが届いた開封した

順番が前後してしまいますが、REGZA Phoneが手に入れた状態の梱包開封写真をお届けします。まだ疲れが取れてないので、基本的に写真を並べて解説はほどほどに……。

REGZA Phone T-01C外箱

REGZA Phone T-01Cの外箱はXperiaやGalaxy Sのように専用デザインになってます。いつもの白地に赤の箱ではありません。この外箱からさらに箱をスライドして取り出します。

REGZA Phone T-01C箱から取り出し

ちょっと高級感がある感じですかねぇ。よくわかりませんが。そしてこの内箱から同梱品を取り出したのが以下の写真。

REGZA Phone T-01C同梱内容

REGZA Phone T-01C本体のほかは、USBケーブル、FOMA ACアダプタ用USB変換プラグ、クレードル、取扱説明書です。

REGZA Phone T-01Cクレードル装着

クレードルにREGZA Phone T-01Cをセットするとこんな感じです。かなりピッタリなので、保護カバーなどをREGZA Phone T-01Cに装着するとクレードルが使えません。

REGZA Phone T-01Cクレードル背面

なお、クレードルの電源入力端子はFOMA ACアダプタ用のものです。

ということであとはREGZA Phone T-01Cの4辺を見ていきましょう。

REGZA Phone T-01C上辺

上辺にはステレオミニプラグ。

REGZA Phone T-01C左辺

左辺にはクレードル用の充電端子があります。

REGZA Phone T-01C下辺

下辺はmicroUSB端子。

REGZA Phone T-01C右辺

右辺はこの写真左側から、ストラップホール、カメラボタン、音量ボタン、電源ボタン。電源ボタンがなぜかとても小さいのが気になります。iPhoneを使った経験からいうと電源ボタンは大きい方が使いやすいのです。

REGZA Phone T-01Cワンセグアンテナ

アンテナは上辺と右辺の角にあります。けっこうアンテナが伸びる伸びる。

REGZA Phone T-01C背面カバー内

背面カバーを外した写真です。バッテリーは1300mAhとそんなに大きくない印象。想像はしていましたが、SIMカード(FOMAカード)とmicroSDHCカードはバッテリーを抜かないと取り外しができない構造になってます。

ということで箱やら外観やらをご紹介しました。

ビックカメラ.com

前後の投稿

タグ: ,

コメントをどうぞ