レノボ・ジャパンのユーザーミーティング「第2回大和魂ミーティング」に参加―プレゼン残り

ばたばたしているうちに「第2回大和魂ミーティング」が開催されてからだいぶ時間がたってしまいました。せっかく招待してもらったのに、投稿が1つだけというのは申し訳ないので、他のプレゼンテーションもざっとご紹介しておきたいと思います。面白かったのはThinkPadにバンドルされているユーティリティーソフト群「ThinkVantage Technology」です。

IMG_2033

Power Manager(省電力マネージャーのこと)の説明では、使わないであろうピークシフト機能がまず紹介されました。企業のシステム部門が一括で設定するのであれば意味があるのでしょうが、個人であれば設定の手間を考えると単にACアダプターを外せば済む話です。Power Managerで面白かったのは、インテルのCore i5やi7にあるターボブースト機能と連動する、名前が似ている「Lenovoターボ・ブースト+(プラス)モード」。なにかというと、CPUのターボブースト機能を長く持続させる機能なのです。

IMG_2035

これはCore i7を搭載したThinkPad T420sを持っているのに存在に気づきませんでした。

image

「省電力マネージャー」の「ベーシックビュー」で「電源使用」タブを表示させると、下の方に「Lenovo Turbo Boost+」というボタンがあります(プレゼン画面では日本語化されてたのですが……バージョンが違うから?)。

image

このボタンをオンにすると、急にCPUファンが勢いよく回り始めます。そう、CPUの温度をできるだけ上がらないようにすることでCPUのターボブーストが長く持続するようにする、というものなのです。実はThinkPad T420sを買ってからベンチマークをまだちゃんととってないのですが、そのうちこの「Lenovo Turbo Boost+」をオンにした状態とオフにした状態でベンチマークをとってみるかもしれません。

このほかThinkVantage Technologyで面白かったのは、知ってはいたものの、Communications Utilityのプライバシー機能。ウェブカメラを内蔵したThinkPadで、ビデオチャット時に自分の画像を送らないようにできるもの。「Fn」+「F6」を押すと出てくるのが次の画面なのですが、

image

ここで「プライバシー機能をオンにする」(すでにこの画面ではオンにしてるのでメッセージが違いますが)をクリックすると、ビデオチャットをしていても自分の画像を送らなくなります。

たしかに便利そうなのですが、そんなにビデオチャットがしたくなければそもそも音声のみのモードで話せばいいものなので、いまいちなんのためにあるのかわかりません……。そんなにプライバシーが気になるのなら、CTOでウェブカメラを外しているでしょうし。ですが、なんというかレノボらしい面白い機能だとは思います。こういう細かいところにも気を配っているからこそワタシはThinkPadを選んでいるともいえます(無理やり持ち上げているわけではありません)。

そして上の画面では単なるチェックボックスになっている「キーボードタイピング音を縮小する」や、2つの選択肢しかない「マイクの最適化」なのですが、この効用についてもプレゼンがありました。

IMG_2036

この機能の実装にはかなり技術が必要だと思うのですが、画面上ではさらりとした見た目になっているのがやはりレノボらしいです。ワタシはけっこうSkypeやWindows Live Messengerでビデオチャットをする機会があるのですが、これらの機能は確かにありがたいです。持っててよかったThinkPad!

……ざっとプレゼンを紹介するつもりが、長くなってきてしまいました。なのでそのほかのプレゼンは駆け足で紹介しようかと。

IMG_2038

最近リニューアルしたレノボのサイトを見て分かるように、新たなブランディングとして「DO.」というキーワードを打ち出しました。ThinkPadを古くから使っている人なら、相当昔にりょうが「大人の翼 ThinkPad」というキャッチフレーズで日本IBMが宣伝していたのを思い出すかもしれません。この「DO.」はそんな国内向けではなく、ワールドワイドで展開するもの。この日には明らかになりませんでしたが、誰か有名人を立ててプロモーションをする予定とのことです。はたしてりょうの「大人の翼」を超える、心に響くプロモーションになるか期待です!

そして最後のプレゼンはレノボ・ジャパンの製品マーケティング ビジネスマネージャー土居憲太郎さん。

IMG_2041

これについてはThinkPadユーザーならすでに知っているであろうThinkPadのラインアップ話だったのであまり面白くありませんでした。しかし、この土居さん。ThinkPadブランドの一番偉い人だったりするのです。確かに頭が切れる感じのプレゼンでした。これだけではつまらないと思っていたのか、最後に紹介されたのが「Lenovo Reading Optimizer」。

IMG_2042

つまりはThinkPadを縦にしたときに画面も盾にするだけでなく、矢印キーの向きも変えてくれるというもの。いかにもレノボが開発しそうなユーティリティーです。これはThinkPad T420sにプリロードされてませんでした。で、ダウンロード先は「Lenovo リーディングオプティマイザー (Windows 7)」です。最新機種でプリロードもせず、いったいレノボはなにをしたいんでしょう?

ということですべて終わったレノボ・ジャパンの社員によるプレゼン。このあと質疑応答があったのですが、すみません、もう内容は忘れてしまいました。いいかげんですみません。

ビックカメラ.com

前後の投稿

タグ: , ,

コメントをどうぞ